カードでの借金の利子にご注意

知らず知らずの利子の損!カードでの借金にはご注意!

現金を持ち歩くことなく、カード一枚で買い物やお金も引き出すことができる便利な機能があるがゆえに、利用することによってマージンが生じることは仕方ありません。さらには、月々の返済にゆとりをもつことができる分割払いまで出来るのです。ただ、利子の仕組みがわからなくて支払いをしていくことで、利子による損をしてしまうことも多々あるため注意が必要なのです。

クレジットカードは2つの使い方があり、使い方によって利子の形も変わってきます。カードで買い物をした時には、翌月に一括もしくは2回払いでも支払いに利子がかかることは基本的にはありません。分割にする場合には「月割」の利子がつきます。一方でカードでキャッシングを利用した時には「日割」で利子がつくため、返済日までの日数分の利子も一括もしくは分割で支払うことになります。また買い物とキャッシングでは金利も異なり、キャッシングの方が一般的に高くなります。

分割払いは支払い回数を指定して支払いを行い、リボ払いは支払い金額を指定して支払いを行います。リボ払いの方がシンプルで月々の負担は軽減される分、支払い期間は長くなるため利子も大きくなりそうなイメージがありますが、そうとも言い切れないようです。リボ払いの場合は毎月の残金に対して金利がかかり、分割払いは最初に借りたお金に対して金利がかかってそれを回数で割って払っていくものです。実際に会社によってそれぞれの金利が異なるため、どちらの方がお得とも言いづらいですが、時にリボ払いがお得となることもあるようです。

キャッシングの場合でも上記のような支払いシステム枠組は同じですが、より精密に日ごとに支払い料金の変動があります。今日と明日で利子の金額が変わるということです。よってカードでキャッシングをした場合には繰り上げ決済を利用しながら、出来るだけ早く返すように心がけましょう