融資の額は「場所」「人・目的」で決まる

借りる「場所」「人・目的」でお金を借りる融資の額が変わる

融資という言葉となると、手軽にお金を借りるというより、まとまったお金を必要としている時に使う言葉であることが多いはずです。どんな人が何の目的でお金を融資してもらうのかが大切な事であることは言うまでもありませんが、「どこで」借りるのかによって金額には大きな差が出てきます。

「消費者金融」と「審判会社」と「銀行」の大きく3つの所でお金を借りることができます。より大きな金額を借りるとなると、消費者金融と審判会社より銀行の方が借りることができる可能性があります。貸金業者は法律で個人に対して年収の3分の1以上の貸付が原則として禁止されています。銀行は貸金業者でないため、その規制自体に引っかかることはありません。ただ、融資の審査は銀行が一番厳しく時間がかかり、その次に審判会社、消費者金融という順番になります。金額が大きくになったり、審査が厳しい場所になるにつれて、保証人が必要になり、担保が必要になり、担保がなければ金利が上がる可能性も高くなってきます。

ここで、何の目的で誰が借りるのかが問われてきます。借りる時には目的は明確になっているものですが、その目的自体を問われることは基本的にはありません。大切なのは、返済能力があるのかどうかです。まずは、これまでにどれほどの返済実績があるのかが問われます。返済が滞っていることはないか、返済を途中で止めて踏み倒したことはないかなどが調べられます。返済の滞りは数日や1、2度ではひっかることはありませんが、それ以上で危なくなってきます。ひっかかってしまう人に関しては、基本的には融資は行ってもらえません。行ってもらえても、少額であったり、条件を課してくることが多いです。一度失った信用は簡単に戻るものではないのです。他にも現在の家族構成や現在のローン状況、勤め先、年収などから判断はされます。

目的に応じた場所を選択していきましょう。融資の金額はあなた自身の信用に任されていることを肝に命じてください。