任意整理であなたの借金と向き合う

誰に頼む?「任意整理」はあなたの借金と向き合う大事な機会

借金が積り、月々の返済もままならない、どうしようもない状況をどう打開するのか。そんな債務をどう処理するのかで今後の生活が多きく変わります。処理する方法は大きく4つあり、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産というものです。

個人再生と自己破産は自らの借金から目を背けて今後に大きく影響を与える選択であり、基本的には今後一切の貸入れを行うことはできなくなります。個人再生は借金を減額し、3年間で残りの貸入れを返済していくものです。財産として自宅だけ唯一残すことができます。自己破産は借金を帳消しにする代わりに、全ての財産も没収され社会的信頼を失うものとなります。

一方で特定調停と任意整理は、自らの借金と向かい合って戦い続けることになります。ともに債権者と話し合う機会を設けることになります。任意整理は裁判所に行くことなく、本人もしくは弁護士や司法書士が直接債権者と金利についての交渉して和解を行っていく話し合いです。貸金の業者にもよりますが、本人が直接話し合いを進めることは知識・経験不足の面からも明らかであるため、専門家の代理を立てることが推奨されています。交渉人の腕次第で借金の減額につながることもあります。また、事実関係も含めてしっかりと確認しながら話し合いを行うために特定調停が存在します。これは裁判所において債権者と債務者、そして第3者が話し合いをサポートする役割を果たします。どちらの場合においても、強制力はなく話し合いに応じるか否かは債権者次第であります。ただ、話し合いが行われない限り債権者に対してお金が返ってこない可能性も生じるため、一歩踏み出して話し合いを行う価値は十分にあります。

借金と戦うのか、目を背けるのかは債務者本人の問題ですが、向き合う姿勢がなければ自分の周りの多くの方に迷惑をかけることになります。迷ってばかりはいられません。自分一人で抱え込まず、苦痛を感じたら、まずは任意整理に向けて一歩踏み出しましょう。